山田まな 活動日記

カテゴリ:地域委員会( 2 )

昨日の続き

 基本的に惚れっぽいです。
芯があって、まっすぐで、純粋で、心底、優しさがにじみ出る人が、好きです。(赤ジャケットさんもそんな方のおひとりです。)

 今日は、うちの会派の女性に惚れました。総務環境委員会の委員長、大村光子さんです。「うわぁ、素敵だなぁ」ってしみじみ思いました。

 人それぞれ正義があって、それに熱を入れれば入れるほど、他者の義とぶつかりあってしまう。どちらがより正しいかなんて指標がないのだから、どこまでもいっても平行線に思える。でも、徹底的に議論して、改善点や折り合いを探っていく。総務環境委員会の地域委員会に関する議事録を読みながら、涙が出てきました。新しい時代の在り方を模索している。是々非々で議論している。時代の変容に適応するために、変革は急務。再生循環型の自立的社会を築くために、ひとつの仕掛けがあって、それを内容の深い意義のあるもの、よりよいもの、持続可能なものにするため、徹底的に議論する。理想形は、きっと、会派なんていらないんでしょうね。案件に対し、各議員個人の判断で、その都度、賛成・反対に分かれて、徹底議論すればいい。その先に、必ずおもしろい議会が待っていると思います。多数決の結果は、本会議場でしかわからない。政局はなくなり、是々非々の政策論議で決まる。説得力のある意見というのは、実証的なデータや、市民のみなさんの声をより多く集約した意見ですから、一つ一つの案件に、各議員がさらにさらに深く理解していくことが必要になります。

 光子さんは、主義主張が異なる方でも、その方の独自の理論があって、それに向けての情熱がある方をすごく尊重しています。反対意見を持ちつつも、対等のテーブルで議論するうえで、人として礼を尽くす、尊重する。当たり前のことなんですが、これができない人の方が多い。逆に、筋を通さない、人として誤っていると思う行為には、断固として抗議されます。同じ会派の人間に対しても、他会派の方、役所の方、ときには市長にも。まっすぐでまぶしい。

 師と仰ぐ人が増えてきます。ありがたいことです。

●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●

 さて、話が脱線しましたが、昨日の続き。市民と市議の本音トークでの、いただいたご意見
を書いていきます。

KUさんふたたび
「第二の議員を地域委員会で作り出そうとしている。区役所の職員がどれだけ地域委員会に専従しているのか。市の財政が負担。全市で行えば、どれだけ予算がかかるのか。
 またまちづくりのビジョンは、行政が出すべきであって、それぞれの地域がバラバラの施策を行うことは、ものすごく非効率である。やりたい人がやりたいことをやっているだけで、そのやりたい人々の満足にすぎない。
 そもそも選挙制度を導入すべきではない。無作為抽出の委員がやるべき。制度面・予算面で、現行制度では、課題が多い」

Fさんふたたび
「地域のことを話す場がない。防災にせよ、なんにせよ、内内で、区役所経由の町内会長さんで決まっている。任意団体としての地域委員会。まさにボランティア議会そのもの。
 地域のことを話す場!として、地域委員会を位置付けたい。予算がなくたっていい。まちのこと、まちづくりのこと、話せる現場がほしい」

MAさんふたたび
「今の自治会、学区によってうまくいっているところ、うまくいっていないところがある。なぜ地域によってギャップがあるのか。年齢構成、人口、土地柄、環境他、様々な要因があるはず。うまくいかない問題を顕在化させる必要がある。一律的に、地域委員会が必要かどうか。市民レベルでのディスカッションが必要。自分の学区は、うまくいっている。どうか、ベンチマークとして他学区から見に来てほしい。また自分たちも勉強する。こうやって学区と学区、市民レベルの交流が必要」

Yさん
「区政協力委員も税金。無駄なところもたくさん。会計は公開されていない。人間は自分の出しているお金が何に使われているのか、日々の生活に追われ、ゆっくり考える力がない。そういうものを、目に見える形に変えていく必要がある」

KOさん
「自分は、20代。世代間ギャップを感じる。今ある制度や地域団体の実際にどこから関わればいいのかわからない。地域に対して意見を言うとか、地域に関心を持てていない。隣の人が誰が住んでいるのかすらわからない。そういう中で地域社会をつくっていくのは難しい。今の若者は、ワーキングプアが多い。仕事がなくて、後ろや下をどんどん見ちゃう世代。社会とのかかわりが切れている。
 いまこうして簡単に政治にかかわれることに、驚き。接点を持ち、世代間ギャップを埋めるべき」

KAさんふたたび
「戦後教育が悪い。個人主義を蔓延させた。自分と自分のまわりだけがよければ、それでよいと考えている。国がしっかりしていない。個人が国より偉いと勘違い。『国は自分に何をしてくれるのか』。こんな社会にしてしまった、われわれ世代の責任がある。これから、本当に力を入れるべきは、教育である」

Mさんふたたび
「マンションの隣に住んでいても、挨拶もしない。若い人に対してどう接したらいいか、わからない、遠慮している。アクセスの仕方がわからない。
 儀礼的無関心。受け入れる側が、どうアクセスすべきか、儀礼的無関心を理解すべき(?心理学の専門用語のようで、よくわからなかったので、補足をお願いいたします…!)」

Sさん
「新しい議員が生まれたら、すぐに改革できるのではないかと期待してしまう。でも、我々市民も新人議員と一緒に育っていかなければならない」

MIさん
「天下り制度を廃止すべき。その分、若者の雇用創出にベクトルを向けるべき。議員は、政局に集中するのではなく、行政のチェックをしっかり行わなければならない。ダメなものはダメ。議員の横やり、口ききといったものは、35年前はあったが、現代ではほとんどなくなった。時代の変容に応じて、議員の仕事内容も変わっていく。今、議員がしなくてはならないことは、働きやすい夢のある社会をつくること。ワークキングプア、現代の貧困。しっかり学んで、政務調査費を余らせないようにしっかり、学んで、市政に生かすこと」

KRさん
「議員報酬半減と減税10%。知名度のない人を政策に共鳴して市民は票を入れた。何よりも大事なのは、市民の支持を失わないうちに、市民をがっかりさせないこと。もしそうなれば、たちまち政治不信を再び引き起こすことになる。ようやく芽生えた名古屋市民の政治への関心を大事にすべき」

Gさんふたたび
「公約を全部やってもいいという負託をしていない。名古屋市議会は、二元代表制。議員は市長をチェックするのは仕事。チェックする側に与党がいるのがおかしい。三大公約は減税日本の中で、本当に意味があるかどうか検討すべき」

Mさん最後
「熱中症と節電対策、地域避暑!区役所のロビーやコミセンに畳を引いて、テレビを置いて、地域のご老人が集まれる場を、今年の夏はつくってはどうか」

●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●

 さまざまなご意見をいただきました。賛同するところ、それは違うと思うところ、純粋に感動したところ、たくさんあります。
やはり、テーマが地域委員会に終始したところをみると、賛成にしろ反対にしろ、それだけこの制度に関心が高いのだろうと理解しました。
 ただ、地域委員会を議論するうえで、問題なのは、情報の非対称性です。持ち得る情報に格差があると、より多く知っている人が、議論の場を制してしまう。それによって、「知らないから」と、制度をそこまで知らない人間が委縮してしまい、議論参加を阻害する。すると、だんだん声を大きくする人が決まってきてしまう。知らない人は、離れていく。制度が複雑化すればするほど、排他性を生んでしまう。新規に参加できない、人間疎外です。
 総務環境の議事録を読んでいると、「議論のプロセスそのものが、住民自治を築く」という発言がありました。まさにそのとおりだと思います。あらかじめ知っている人とそもそも知らない人との情報格差を是正し、議論をする環境を整えなければ、公平な議論の場は設けることができません。

(もっとも、「関心を喚起すること」が一番の課題でありますが)

以下、やりたいことの私見。

住民自治を根付かせるのに、行政だけに頼り切るのは、「お任せ民主主義」そのものと言えます。議会や会派が主催して市民公聴会を開きましょう!少人数で、各区50人を想定して、議員自ら草の根運動の火付け役を買う。行政によるトップダウンでなく、住民代表である議員が住民を巻き込んで、議論を吸い上げ議会に持ち込む。本来あるべき議員像だと言えます。

というわけで、

(1)地域委員会に興味のある方々、意識のある方々は申込みをしていただき、参加希望者には、あらかじめ、地域委員会制度の基礎知識が書いてある資料を送付しておく。
       ↓
(2)当日、はじめの一時間は、市政出前トークを行う。(※「市政出前トーク」とは、申し込みをしておけば、市役所の方が希望案件について説明してくださるという素敵サービス。)
       ↓
(3)その後、座談会形式で、体験型の議論を参加者と行う。司会進行役として、各グループに議員が一人ずつ入る。
       ↓
(4)発表会のち、集約した意見を団体意見書としてまとめる。
       ↓
(5)団体意見書を役所に提出。意見書には法的拘束力はないが、それなりに効果はある。また、質問事項を記入すれば、必ず回答してくださるとのことなので、「この点が疑問だ!」と、座談会の中で生まれた疑問は、どんどん書いて質問状も作る。

以上、(1)~(5)を何度も積み重ねて行っていけば、住民間でも「この地域のまちづくりをどうしていくか」という議論が自発的に湧き起こるのでなないでしょうか。

行政の制度設計と、議会が民意を吸収してかたどる理想形を、すり合わせる。行政と議会の共働でできる、新たな政治のありかたのひとつになるのではないかなぁと思います。

できれば、超党派でやるのが、理想です。

e0236134_0393480.jpg


ナゴヤ庶民連のみなさま、お誘いありがとうございました!非常に楽しい時間を過ごせました。勉強になります。

次回は、瑞穂区で開催するそうです、アンキロさん!今度はきちんと許可をいただいて、告知しますね。
by yamadamana2011 | 2011-07-20 00:43 | 地域委員会

第1回 市民と市議の本音トーク@名東区

 ご無沙汰しております、山田まなです。
 
 ブログが書きたくてたまらなくなりました。みなさま、コメントやお便り、直接のお言葉など、本当にありがとうございます。実は、うちの会派でも、毎日コメントをチェックする人がおり、その人いわく、「勉強になる。」だそうです。カツ、レツ、キッカさま(ガンダムは「燃え上がれ♪燃え上がれ♪♪」のものしか存じ上げません)のおっしゃるとおり、ブログは議員にとって必ず書かなければならないものでは、ありません。が、大切な交流の機会を、私は何よりも大事にしなければなりませんね。

 これからは、少なくとも、できうる限り、週に二回は必ず更新するようにします。

 さて、本当に久しぶりで、懐かしささえこみあげてきますが、今まで通り、日記調で書いていきますね。

 本日18日月曜日、午前の執行部会を終えたあと、市民団体が開催された、座談会形式のイベントに参加してきました。

「市民と市議の本音トーク!」

 事の始まりは、以下のようなビラが、控室の机の上に置いてあったことからでした。

●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●

市民の皆さん6月市議会を観てどう思いましたか?
市民参加のより良い名古屋市政を求めて
市民と市議の本音トーク

2011年
7月18日(祝)    
会場:名東生涯学習センター
2階視聴覚室、13:30~16:00 名東区社が丘3丁目802電話:703-2622
地下鉄東山線「本郷」から市バス(幹本郷1系統)楽陶館下車、南東へ徒歩5分

参加無料
市議会リコールが成立し、新しい市議会がスタートしました。ナゴヤ庶民連(名古屋市政をチェック&サポートする市民団体)は、今後の市政には「これまでのように選んだ後は任せっぱなし」ではなく、市民と議員が同じ土俵で話し合う「情報・意見交換」が必要・不可欠と考え、全区で、市民と議員の本音トークを実施します。

そのプレ集会として名東区で「言いたい放題2時間」を開催します。新しい市議会は名古屋市民の民意を汲み、審議をしているのでしょうか?6月議会も終わろうとしています。有志議員と市民が本音で話し合う機会です。市民の皆さん!是非ご参加ください。議題は市政全般ですが、テーマをいくつか列挙して参加者から希望を募りたいと考えています。もちろん提案も受け付けます。裏面をご覧ください。当日希望をお聞きします。

参加議員は現在不明ですが全区全会派の議員に参加を要請しています。何人の議員が参加していただけるか不明ですが現段階では4から5議員は参加していただけるとのことです。
集会の始めに参加議員から「市政で目指すこと」をテーマに5分間演説をしていただき、討論に移ります。

主催 ナゴヤ庶民連         

●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●

「市民と市議の本音トーク」!!

 通常、議員が行う市政報告会などでは、議員が演壇にあがり、一頻り講演したあと、質疑応答が行われる形式です。が、それでは、やはり、市民と市議の間に、距離を感じてしまう。「壇上の人」、そんなイメージを私もかつて持ちました。それよりは、車座になって、後援会や会派など関係なく、自分の区のことをざっくばらんにあれやこれや、市民が主体となって話す。様々な観点の議論を吸い上げ、議員は議会に反映させていく。議員は住民の代弁者として、また、民意の代行者として選ばれてはいるものの、そのすべてが負託されているわけではありません。やはり、人と人。見てきた世界もとらえる感受性も、問題意識も何もかもを共有しているわけではない。ならば、話すこと。対話すること、歩み寄ること、同じ時間を共に過ごすこと。各議員は、現場に飛び込んで、民意というものを肌で感じ、全身でつかまえてくる必要があります。

 その手段のひとつとして、座談会形式の今回のイベントは、まさに願ってもない機会でありました。

e0236134_23274380.jpg


 ビラを見て、行こうじゃないかと参加表明したのは、減税日本からは5名。
団長の浅井康正さん(名東区)
政策審議委員会メンバーからは、
黒川慶一さん(千種区)
余語さやかさん(緑区)
湯川栄光さん(南区)
山田まな(西区)
が参加しました。

e0236134_23315840.jpg


ホワイトボードと配布物の裏には、円滑な議論を行うためのルールが設定されておりました。なかなか白熱してくると、互いに喧嘩みたいな「べらんめぇ」口調になるのですが、それさえも素敵なことですね。会場は血の気の多い方が多かったので、すごい熱気でしたが、おもしろかったので暑さを忘れました。

e0236134_23313391.jpg


はじまりの鐘とともに、主催者あいさつ。

e0236134_23355224.jpg


まず最初に、団長の浅井さんから順に、参加議員は、5分間スピーチの場をいただきました。テーマは、「名古屋市政でやりたいこと」。

余談ですが、短気・早口・滑舌が悪い、と人前で話すたびにご指摘をいただく、山田の【早期に克服しなければならない緊急課題】は未だ一向に治る気配が見えません。が、ですが、今日は、檀上ではなく、みなさんが近かった。うなずく・笑う・否定する等の一切の呼吸が、手に取るように感じられました。なので、緊張せず、舞い上がって動悸が激しくなることもなく、血流も穏やかで、早口にならずに済みました。

結論:座談会、素晴らしい!あったかい!!です。

(さらに、余談の余談ですが、浅井さんの右隣におられる赤いスウェットスーツの方は、役所内で有名になったとある方です。この方も、あったかい方ですね。いろいろ勉強させていただいております。ありがとうございます。…写真、ダメでしたかね?)

e0236134_23484439.jpg


5分間スピーチのあとは、市民のみなさんがテーマにそって、意見を述べる自由討論になりました。

今回のテーマは、

「地域・街づくり」(防災・環境など)

でしたが、話の中心は、「地域委員会」でした。
賛成派も反対派も、それぞれが思いの丈を語ってくださいました。
やはり問題点としてみているのは、「予算先行型」制度であるようです。

以下、ご意見を紹介させていただきます。メモ書きなので、要約と私の理解度で内容が変化してしまっています。ご了承くださいませ。

Fさん
「地域委員会は、学区連絡協議会・区政協力委員と対立するものではないか、と思われているが、そうではない。一人ひとりの市民が地域課題を話しあう場所。にもかかわらず、モデル実施は予算1000万円の使い道を決めるようなものになってしまった。やりたい課題があっても、現行の制度では、学区連協の承認が必要になってしまう。自分の学区では、『やりたい』とモデル実施の手を挙げても、『時期尚早』と却下されてしまった。民主主義に時期尚早があるものか。住民がどんなニーズがあるのか、把握しきれていないのではないか。上から与えられるのでない、意欲の持った市民が必要。本当にやりたい人が成功しないと。課題発見から、自治が育つ。地域から発議していくべき」

Kさん
「選挙制度はよかった。自分の学区では、全体で44万円で選挙ができた。ふつうの公職選挙ではいくらカネをかけているのか、その必要があるのか。たとえば、ポスター代。みなさん、議員さんがいくらかけて、選挙ポスターを税金で作っているかご存知ですか?
 やはり、地域委員に、公募枠がいたおかげで内容が深いものになった」

Mさん
「選挙制は、地域コミュニティを破壊する。選挙で勝った方は快感、でも負けた方はその社会で暮らしていけるか。
 また、平成の大合併とともに改正自治法によって規定された『地域自治区』制度に準ずるべきであって、名古屋特有の地域委員会制度にする必要がないのでは?
 まちづくりのテーマがない。軸となる中長期ビジョンは、今裁判所にある。中小零細企業がひぃひぃ悲鳴をあげているのは、そういったビジョンがないためだ」

KAさん
「受益者負担の意識が低い。1000万円を利用しない学区はどうしますか?市の財政が豊かでないときに、意味のない使い方をしてはどうなのか。1000万円の使い方を見ても、『あれがしたいこれがしたい』といろいろな構想はおありだろうが、正直言って無駄としか思えない。納税している側からみると、あまり意味のない使い方をしてもらっては困る」

KUさん
「地域委員会というのは、いったい何のために作られているのか。二元代表制と反するもの。議員をつぶすために存在しているのではないか。一学区1000万円を256学区全部で行うと膨大な予算がかかる。そのような予算の余裕が、名古屋市にあるのか。
 まちづくりというのは、各地域がそれぞれバラバラに考えるのではない。税金を集めて執行するのが、役所。それをチェックするのが議会。この仕組みを壊すのはおかしい」

MIさん
「1000万円という金額があると、議論の中身が、『まちづくりをどうしたいか』でなく、『このお金をどう使うか』に終始してしまう。予算は使い切らなくてはならない、という、『他人のカネ』という視点がどうしても生まれ、『使わな損だ』と、そこに無駄が生じる。
 募金されたらどうか?『地域のために、こんなことをしたいので、これだけのお金が必要です』。地域の方が賛同してくだされば、募金は集まる。寄付文化を作っていくべき」

MAさん
「自分の学区では、お祭りをやるのに募金活動を行います。それで、(市から予算をいただかなくても)十分に活気ある地域コミュニティをつくっていけています」

Gさん
「地域委員会のモデル実施をやりたいと手を挙げたのは、256学区あるうちのわずか8学区。全体の3%である。市民は興味がない。30%やりたいと声があがらないうちは全市拡大すべきじゃない。税金を使える学区、使えない学区がでてくる。わずか全体の3%が税金を使っているという今の状況はおかしい。」

KAさん
「市民は素人である。議員さんが市民の意見を集約する。あまり理解のされていないところで、公約を掲げ、そのままがんがん進んでいくのはよくない。税金というのは。市民のみなさんが納めるもの。地域委員会が何かほとんど知られていない以上、予算ありきで進んでいくのはよくない。税金を納めるものの立場から、素人が自分たちのやりたいようにじゃんじゃん公金を使うのは賛同できない」

Iさん
「町内会は33年間、一度も役員を代っていない。私物化している」

(それは、あんたんとこだけの町内の問題だろ!との声あり)

Tさん
「どこの町内でも区政は年配者。若者が参加しない。今、この場にいるのも、年配者ばかり。」

Mさん再び
「町内会・若者が参加しない問題というのは、それはその町内の問題であって、地域委員会とは別もの。河村市長は児童虐待も地域委員会でというが、実際モデル実施の時、児童虐待というテーマでやろうとした学区があったが、話し合いの結果、『地域委員会制度では、そのような問題を扱うのには適さない』という結論がでた。
 まずは、地域をどうにかする。その上に、地域委員会制度というのが乗っかってくる」

●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●

あああ!時間切れです、9時から議会運営委員会なので、続きはまた夜アップします!!
すみません!!!
by yamadamana2011 | 2011-07-19 07:59 | 地域委員会

減税日本ナゴヤ 西区 
by 山田まな
プロフィールを見る
画像一覧

連絡先

yamadamana2011★
gmail.com 
★→@

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな