山田まな 活動日記

代表質問①

当日使えなかったものも含め、代表質問原稿です。みんなで作りました。

1 「どえらけにゃ~おもしれぇナゴヤ大作戦」について
―名古屋市域に人や企業を呼び込み、魅力ある面白いナゴヤにするために―

(1)新年度予算
 ア 減税の意義
 イ 予算全体の特色
 ウ 本当に必要な市民サービスは確保されているのか

(2)財政論
 ア 財政規律並びに市債及び財政調整基金の活用の考え方
イ 「市債は借金じゃない」論

(3)中京都と尾張名古屋共和国
 ア 「尾張名古屋共和国」のネーミングへの想い
 イ 今後の戦略

(4)名古屋市の在り方を考える-行財政改革について-
ア アセットマネジメント
イ 保健所・土木事務所・環境事業所の見直し
ウ 区役所改革
エ 住宅都市局営繕部の見直し
オ 上下水道局の経営改善
カ 行政評価
キ 人事制度

(5)「どえらけにゃ~おもしれぇナゴヤ大作戦」の実現に向けた取り組み‐名古屋の総合力大結集!‐
 ア 名古屋の魅力PR-市民・地域・企業・行政・議会が一丸となって!
 イ 名古屋の成長戦略を全庁的に取り組む上での体制づくりと市長のリーダーシップ



おはようございます。議場にお越しのみなさま、おはようございます。中村議長にお許しをいただきましたので、減税日本ナゴヤを代表して、順次お尋ねをしてまいります。

(1)新年度予算

 はじめに、新年度予算についてであります。
まずは、市長に減税についてお尋ねしたいと思います。
4会派合意のもとに、市民税の5%恒久減税条例が可決され、減税の実施を前提とした平成24年度予算案が編成されたところであります。市民税減税は、河村市長の一丁目一番地の公約実現であり、議員報酬800万円に続き、我が会派としても、名古屋市民の皆様と昨年の選挙にてお約束した3大公約の2つが実現できたことは、大変意義のある事と考えます。

 そこで、市長にお尋ねいたします。本市では、いよいよ新年度から恒久減税がスタートしますが、市長が考える減税の意義について、改めてお聞かせください。

 次に平成24年度予算の内容についてお尋ねします。
 市税収入のうち市民税は、円高による企業収益の減少や固定資産税の3年に1度の評価替えにより、減収となることから、市税全体では、前年度予算を下回る見込みであり、さらに歳出では、介護や医療など義務的経費の伸びが避けられない状況であることは、間違えのない事実であります。そのような極めて厳しい財政状況の中でも、今回の予算編成においては、中期戦略ビジョンに掲げる「5つのまちの姿」を実現するため、「安全・安心~やすらぎのナゴヤ~」、「ひと・環境~未来につながるナゴヤ~」、「魅力・交流~おもしろいナゴヤ~」の3つを重点テーマに掲げ、全ての分野に幅広く目を配るとともにキラッと光るものにも焦点を当て、ナゴヤの成長、活性化など、将来のナゴヤの発展に目を向けた予算になっていると大いに評価したく思います。

 それでは、市長にお尋ねします。
 今回の予算では、特にどのような施策に力をいれられたのか、予算全体の特色とともにお答えください。

 次に、附帯決議への対応についてであります。
 持続可能な財政運営として、市債残高は平成23年度に比べ、約175億円の減となっており、また、市債発行額についても、約17億円の減となっていることについて、評価したいと思います。また、財政調整基金についても、平成24年度末残高見込みは、約93億円と収支見通し時に比べ、取り崩し額を約50億円も圧縮することで、基金残高を本市の目標である100億円に近づける努力がなされています。
  また、市民サービスに関しては、厳しい財政状況ではあるものの防災対策をはじめ、福祉・教育・子育て支援などの安心・安全なサービスについて、きめ細かく対応が図られている予算となっているなど、これらの対応で、附帯決議については、ほぼ守られているのではないかと考えております。
  一方で、行財政改革を進めることで財源の確保を図ってきたとのことです。
 そこで市長にお尋ねします。
行財政改革の取り組みにあたっては、全体として市民サービスを確保するという方針が示されておりますが、市民サービスは低下したのではないかとの不安の声も聞かれます。本当に必要な市民サービスは確保されているのか、お答えください。

(2)財政論について

 第二に、財政論についてお尋ねします。
 まず、「財政規律と市債及び財政調整基金の活用の考え方」についてです。
 「将来世代に過度な負担を残さない計画的な財政運営に努めるための財政規律」とはありますが、危機的状況など市債の発行や財政調整基金の積極的な活用が必要な場合があります。本当に必要とされる時期に、規律に縛られて財政出動を拘束してしまうことは、市民のみなさまにとって不幸になることも考えられます。単年度主義によって、財政豊かであった過去の好景気の時も、歳入ある分だけ歳出していた過去をかえりみて、好景気の時には、公共支出規模を縮小し、市債の発行を抑制する。そして、不景気の時には、市債を発行して、民間需要を刺激するような財政出動を行うなど、行政としてのあるべき姿を再認識し、弾力的な財政運営を図るべきではないでしょうか。
財政局長のお考えをお聞かせください。

 次に「市債は借金じゃない」論についてであります。

「日本の国債が危ないのであれば、なぜここまで低金利なのか」と市長はよく発言されます。確かに、ギリシャ国債とは異なり、日本国債は95%が国内保有だと言われております。しかし、ギリシャ国債がもしこのままデフォルトになった場合、ヨーロッパ主要国の金融機関が大量のギリシャ国債を保有しているため、最悪の場合、世界同時不況が起きてしまうことも考えられます。世界の国債の信用が暴落し、さらに、投資家のマインドによって日本国債も危ないとされたとき、国債の金利が上がる可能性があります。本当に大丈夫なのでしょうか。
 市長のお考えをお聞かせください。

(3)中京都と尾張名古屋共和国について

 第三に、「中京都と尾張名古屋共和国」について、お尋ねします。

 この問題は将来の本市のあり方に関わるきわめて大切な問題であり、市民のみなさまの広範な理解が不可欠です。そこで、議会としても会派を超えて活発な議論を進め、最終的には「尾張名古屋共和国」実現に向けて1つにまとまることが必須であります。そのためにも、河村市長の考える「尾張名古屋共和国」の目指すもの、実現に向けての工程をはっきり示していただくことが重要であると考えています。

(ア)それでは、まず、「尾張名古屋共和国」というネーミングについてお尋ねします。

 河村市長のおっしゃる「尾張名古屋共和国」とは、自民党さんが提案する400万都市構想に呼応する形で考案されたものであり、その主旨は、周辺市町村との結びつきを強化し、将来、大阪・横浜を凌駕する日本最大の都市をつくること、それにより、いわゆる“名古屋飛ばし”を阻止しつつ、日本を牽引し、国からの財政的独立を勝ち取ることだと理解しております。
 大阪の橋下市長の掲げる「大阪都構想」が、基礎的自治体である大阪市を解体していくつかの特別区に分解し、広域行政を大阪都に一本化するという提案であるのに対し、逆に、基礎的自治体を強化することによって世界の主要都市と闘おうとする河村市長の提案も、十分検討に値する提案だと考えます。
 しかし、「尾張名古屋共和国」という、いかにも河村市長らしいネーミングであるがゆえに、なのかどうかはわかりませんが、「夢物語」という報道がなされていることは誠に残念であります。
「尾張名古屋共和国」というネーミングからは、周辺市町村を名古屋市が吸収合併して名古屋だけが強くなるという悪役っぽいイメージではなく、名古屋と周辺市町村が共に協力して「尾張名古屋共和国」という新しい名前の大都市を一から一緒に作っていこうという強いメッセージが感じられます。

 また、名古屋市と周辺市町村は、歴史的にも、尾張国の一員、運命共同体としてお互い助け合って生きてきたのであり、現在でも住民の意識や日常の生活面では1つの地域として補完する関係にあることから、この際、大同団結することにより、もっと尾張全体を豊かにし、日本最強の商売エリアにしようという気概が感じられます。

 さらに、「共和国」という文言が使われていることによって、一人の首長が独裁的に無機質で均一な街づくりを行うのではなく、それぞれの市町村の特性や文化を大切に、多様な価値観が混在する個性豊かな連合体を目指すというイメージも浮かんできます。

 そこで、河村市長にお尋ねいたします。
 「尾張名古屋共和国」というネーミングに込めた市長の想いをお聞かせください。
市長は、第1回の中京独立戦略本部において、人口400万人規模の「尾張名古屋共和国」構想を打ち出されましたが、この構想は、将来の本市のあり方に関わるきわめて大切なものであり、市民のみなさまの広範な理解が不可欠です。そこで、議会としても会派を超えて活発な議論を進め、最終的には「尾張名古屋共和国」実現に向けて1つにまとまることが必須と考えています。そのためにも、河村市長の考える「尾張名古屋共和国」の目指すものや今後の進め方をはっきり示していただくことが重要であると考えています。

 そこで、河村市長にお尋ねします。
「尾張名古屋共和国」実現に向けて、市長は今後どういう戦略・道筋で進めていくおつもりでしょうか。お答えください。

(4)名古屋市の在り方を考える -行財政改革について-

 第四に、名古屋市のありかたを考える、行財政改革について、お尋ねします。
今年に入って、孤独死や、餓死者について何度報道されたでしょうか。児童虐待、うつ病、自殺などもまた、絆が薄れつつある日本社会が抱える問題であります。そして、そういった社会現象の根幹に、経済的困窮が存在すると分析されております。
 日本が成熟社会となり、超少子高齢化が進み、生産労働人口が減少していくのは、数十年前から予測されていたことでした。しかし、それは「未来」の話であって「現在」ではないと、税金が入ってくる分だけ、「あれもこれも」と使っていた「過去」があります。今やらねばならないことを後世に先送りした顕著な事例が、「年金問題」ではないでしょうか。

 税収は減る。「あれもこれも」と選べない。将来世代にこれ以上負の遺産を残してはいけない。「あれかこれか」と選択しなければならない時、行政が本当にやるべきは、個人の力ではどうしても解決できず、苦しむ人々を救うことではないでしょうか。

 成熟社会には良い面もあります。それは、それまで行政が独占していた「公共」という領域を、地域やNPO、民間が、担えるようになったことです。自覚した市民が「自分たちのことは自分で決める」住民自治に目覚め、官と民が競合しているところは、民間に任せるという選択肢ができました。

 危機的状況にある国民の生存権を守るため、また、グローバル社会で日本・そして、ナゴヤが競争に生き残り、経済的困窮にある民の「かまど」を温めるため、本当の行政が担なわなければならない優先的領域とは何か、今まさに、見極める時ではないでしょうか。

 私は、それを行財政改革と考えます。

 今回は、行革の視点を考えながら、名古屋市行政の在り方そのものを考えるために、それぞれの項目について質問させていただきます。これまでも、公明党・加藤武夫元議員をはじめ、多くの方が行革について提案されてきました。これらについて議論するためには、名古屋市全体のことを見渡し、縦割り行政の中に、横串を通す場を、ただちに作らなければなりません。「行財政改革待ったなし!」であります。
市長、どうかよろしくお願いします。

①アセットマネジメント

 では、アセットマネジメントについて、3点お尋ねします。

 全ての行革に言えることでありますが、アセットマネジメントを考えるうえで、「名古屋市全体を見渡し、現在・未来の全体最適を考える」という視点が非常に重要であります。

○アセットマネジメントの考え方は、「名古屋市全体を見渡し、全体最適を考えねばならない」ので、行革そのものであり、行革の様々な局面で応用ができるのでは、との考えに至りました。

⇒名古屋市アセットマネジメント推進プラン(案)P.26によると
●アセットマネジメントで長寿命化を果たしても748億円/年(内一般財源202億円。あとは起債←国庫補助金がつくのは、市営住宅や学校くらい。長寿命化といった改修工事には補助金が付く制度が準備されていない)。
●しかも、市設建築物のみで、784億円/年
●これに公共土木施設分の整備を足すとなると、約830億円/年。

○さらに、現在の市全体施設の維持管理費約800億円/年(すべての公用財産の維持管理費を全局アンケートで算出した結果)
○この維持管理費は物件費のみで、人件費は含まれていない。
○この先、公有財産の整備費と維持管理費で年1600億円以上かかることになる。

 現在の市全体施設の維持管理費は、年間約800億円かかっており、また公有財産の整備費は年間約830億円かかると言われています。この先、公有財産の整備費と維持管理費で、年1600億円以上かかることになっていきます。

 また、市の公有財産における人口一人当たりの延べ床面積は、政令指定都市の中、大阪市、神戸市と続いて、名古屋市は3番目に大きく、このことは、名古屋市の建物保有量が多いということを表しています。

 平成20年度、名古屋市アセットマネジメント基本方針によると、個別具体的な計画プランが、H22年度中には策定されるとのことでございました。しかし、H23年度に財政福祉委員会に上程されました「名古屋市アセットマネジメント推進プラン案」は、理念がならべてあるだけで、個別具体的な施設の統廃合、多機能化、インフラマネジメント、長寿命化、広域連携、不動産の有効活用、規律ある資金調達といった維持管理計画はまったくの白紙状態でありました。

 神奈川県秦野市で開かれたアセットに関する委員会報告書を読み上げます。

「私たちの身の回りには、多くの公共施設があります。
 住民にとっては、『より質の高い公共施設・インフラがより多く存在する』のが最も良いことです。
 しかしながら、公共施設やインフラを建設し、維持運営していくための費用は別の誰かが負担してくれるわけではありません。今の市民、そして将来の市民である子どもたちの税金です。
 そこで、施設の統廃合によって、従来ここの施設が必要としていた共用施設を圧縮することで、『できるだけ機能を維持しながら更新する』という原則を打ち出しました。また、それでも財源が不足するために、緊急度と必要性によって、整備に大胆な優先順位をつけることを提言しました。
 すべてを優先することはすべてを中途半端にすることです。
 今回の方針が、個々人の立場でなく、市全体そして将来の子どもたちの観点から実現することを強く望むものです」」
 
 名古屋市においても、秦野市同様、アセットマネジメントは、今すぐ取り掛からなければならない待ったなしの課題です。市全体の在り方を議論していく必要があります。

 昨今においては、残念ながら、「あれもこれも」できる税収ではございません。あれかこれか。では、どれを選ぶか。優先順位を議論しなければならない時期が来ております。優先順位を決めるということは、非常に苦しい選択であります。必ず、それまでその施設・インフラで恩恵を受けていた方々は、「市民サービスの低下である」と反対するでしょう。ですが、将来負担を思うと、決断の時はいやが応でも訪れます。今よりも厳しい競争社会にさらされるであろう将来世代に、「あれかこれか」の重い選択を委ね、この世代の我々は、無責任に「あれもこれも」と言い続けて資産を食い潰していいのでしょうか。

 さて、金がないないといいつつ、名古屋市の公有財産の総額は、4兆9926億円でございます。これらは、本市が持つ誇るべき有効な資源であります。いかに宝の山であるか、今回は「学校の空き教室」を例にとって、ご説明いたします。

 数日前、包括外部監査で指摘された「名古屋市の学校の空き教室は、実は、1336教室あった!」という事実が報道で話題になりました。

 名古屋市における生徒数は、昭和55年度の20万人のピークだったころに比べ、平成22年度においては、11万人と約44%減少しました。今では、1学年1学級の学校が26校に存在します。
ならば、誰が考えても、少子化になった現代では、必ず教室に空きがでるであろうと推測できるわけですが、教育委員会の回答は「空き教室は存在しない」でした。

 監査報告書は、「未利用の空き教室が存在することに対する批判や、空き教室の新たな利用方法を求められることなどを恐れる結果、適切な報告がなされないのでは」と指摘しています。
他都市における有効活用策の事例ですが、神奈川県横浜市では、野庭すずかけ小学校に、東京都世田谷区では、駒留中学校内に保育園をつくりました。
 また、和歌山県海南市では、大東小学校内に学童保育所を作りました。
 さらに、京都府宇治市では、小倉小学校内に福祉施設デイサービスセンターを、埼玉県草加市では、新田小学校内に高齢者生きがいづくりの場を作りました。草加市の事例は、後に質問いたします、後年大学鯱城学園見直し案への素晴らしい具体策になるのではないでしょうか。

 そして、これら空き教室を有効に使うための改修費として国庫補助金を活用できるものも多くあります。アセットマネジメントの観点からも、施設の統廃合・多機能化として、空き教室の存在は大いに役立つのではないでしょうか?

 ここで、まず教育長にお尋ねします。
 包括外部監査の指摘を受けて、どのような認識を持たれたのでしょうか。また、他都市のように空き教室の有効活用をお考えでしょうか。お答えください。 

 次に、財政局長にお尋ねします。

 名古屋市では、局長級・課長級の局横断的な「アセットマネジメント推進組織」がつくられ、3年もの年月をかけて「アセットマネジメント推進プラン案」を策定しました。しかし、「長寿命化するとトータルで年191億円の削減効果」といったことが書いてあるのみで、個別具体的に「何を・いつまでに・どうするのか」といったことは書かれておりません。

 当局にヒアリングをしても、当面10年間は大丈夫とおっしゃられる。

「待機児童対策待ったなし!」「生きがい対策待ったなし!!」、時代のニーズは急速に変化し、新たな地域課題が噴出しています。行政がニーズに素早く対応することによって、今そこで苦しんでいる市民の方を助けられるかもしれません。行政の役割は、自らの縦割り組織を守ることでなく、市民の幸せを追及することであるはずです。

 今後「アセットマネジメント推進プラン」にそって取り組みが進められるものと思いますが、取り組みにあたっての課題が何であり、全庁的にどのような対応をしていくのか、お考えをお聞かせ願い
ます。

 引き続き、3点目をお尋ねします。
 空き教室の実態にありましたように、官の縦割り組織というものはなかなか柔軟に横串を通させてはいただけないようなので、今ある資産を徹底的に情報公開し、最少の経費で最大の効果をあげる行政運営の手法について民間から提案していただく制度を導入すべきと考えます。

 神奈川県藤沢市では、「公民連携・事業化提案制度」を創設し、市のすべての事業を公表し、行政よりも費用対効果を高めることができる事業提案を幅広く民間から募っており、提案の対象には、公共施設の維持補修や更新計画についても含まれています。
「民間が担うか、官が担うか」の判断基準は、「市の組織にとって何が望ましいか、ではなく、将来世代も含めた市民にとって何が望ましいか」であります。

 そこで財政局長にお尋ねします。
 まずは、藤沢市のようにアセットマネジメントに関して民間からの事業提案を募る制度を検討してみてはいかがでしょうか。

②保健所・土木事務所・環境事業所の見直し
 次に、保健所・土木事務所・環境事業所の見直しについて、質問いたします。
名古屋市は、平成22年度「新たな区役所改革計画」を策定し、3つの柱が定められました。
その1つに「区の総合行政機能の強化」という項目において、「環境事業所、土木事務所など区ごとに設置している事務所と連携を強化するほか、保健と福祉の連携強化など図ります。」とされています。

 さて、市税事務所が集約化され、必然的に各区役所の2階スペースが空いた状態になりました。
こうした空きスペースができた今こそ、各事業所の窓口を区役所に設置するなど、市全体として事業所の在り方を見直すチャンスなのではないでしょうか?
例えば、事務所や窓口を区役所に統合すれば、市民サービスの向上につながり、事務所の集約化を行えば、建物の維持管理経費等が軽減されます。
また、統合や集約により不要となった土地については、売却による臨時収入が見込まれる等のメリットが期待できます。

 そこで、具体的に、保健所、土木事務所、環境事業所の見直しについて、質問いたします。
まずは、健康福祉局長に質問します。保健所について、これまで、集団給食施設の監視指導業務や小規模貯水槽の監視業務等の事務の集約化を行ってきていますが、今後もこうしたことについて、行っていく考えがあるかお伺いします。

 また、単独庁舎について、今後も、区役所と合同庁舎化を行っていく考えはありますか。あわせて、中区で初めて同一フロアに保健と福祉の窓口ができることになりますが、今後、保健と福祉の連携の面から窓口を一本化していく考えがあるのかお尋ねします。

 次に、緑政土木局長に質問します。今後、港区のように、区役所と合同庁舎化を行っていく考えはありますか。あわせて、窓口業務、市民サービス等に関する業務は区役所に移管していく考えがあるのかお尋ねします。

 最後に、環境局長に質問します。ごみ収集のさらなる民間委託を進め、窓口業務を区役所へ移管し、事業所を方面別に集約するなどの改革のお考えがあるのかお尋ねします。

続く
by yamadamana2011 | 2012-03-02 12:29 | 行財政改革

減税日本ナゴヤ 西区 
by 山田まな
プロフィールを見る
画像一覧

連絡先

yamadamana2011★
gmail.com 
★→@

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな