山田まな 活動日記

行財政改革特別委員会を!開きたい!


下のコメント欄にも少し議論が出ましたが、「役人に丸投げの行革」とのご指摘、私も同印象を受けました。「乾いた雑巾を絞る」という表現は実に的を射ています。

総務局の指導の下、財政局が各局の予算を切り詰めているというのが現状です。

行財政改革は、一番わたしがやりたいことです(その壁でNPOボラ時代、苦労したわけですから)。

単年度収支というシステムそのものも、無駄を生み出す仕組みと考えています(が、それはまた別の議論で)

時代は変革し、少子高齢化時代になりました。働く人口が減り、退職後年金暮らしのお年寄りが増えれば、税収は減り、福祉の予算が膨らむのは当然の帰結です。これでは財政はうまくいかない。行革をし、行政のシステムそのものを効率化・合理化する必要があります。

役人による行政主導の行革だけでは、そもそも無理があります。制度が縦割りで運営されている。重複している業務を統廃合したり、時代に即さない条例を改正するには、議会の政治主導による行革も必要です。ただ、政治主導だけでも無理でしょう。国政の民主党政権が行った事業仕分けで、そのことを学びました。

やはり行政と議会が連携しあい、また市民の皆さんに広く意見を伺いながら、行財政改革を進める必要があります。最初は遅々として進まないでしょう。ですが、長期的に見れば一番近道ではないかと思います。常任委員会は縦割り委員会です。行革を推進するには、横断的観点からやる必要がある。全部の局を集め、事業仕分けや条例改正、制度設計を深く、『横断的に』議論していきたい。

本日、委員会でその旨を発言いたしました。自民党の横井議員、共産党の山口議員が、続いて賛同くださいました(というより、この主張はずっとされてきたそうです)。

行財政改革を徹底的にやるための、特別委員会を開きたい。

時間がかかると思いますし、4年で成功するかわかりませんが、地に足を付けてしっかりやっていきたいです。
by yamadamana2011 | 2011-04-18 23:13 | 考える

減税日本ナゴヤ 西区 
by 山田まな
プロフィールを見る
画像一覧

連絡先

yamadamana2011★
gmail.com 
★→@

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな