山田まな 活動日記

これから

公職選挙法

第百七十八条  何人も、選挙の期日(第百条第一項から第四項までの規定により投票を行わないこととなつたときは、同条第五項の規定による告示の日)後において、当選又は落選に関し、選挙人にあいさつする目的をもつて次に掲げる行為をすることができない。
一  選挙人に対して戸別訪問をすること。
二  自筆の信書及び当選又は落選に関する祝辞、見舞等の答礼のためにする信書を除くほか文書図画を頒布し又は掲示すること。
三  新聞紙又は雑誌を利用すること。
四  第百五十一条の五に掲げる放送設備を利用して放送すること。
五  当選祝賀会その他の集会を開催すること。
六  自動車を連ね又は隊を組んで往来する等によつて気勢を張る行為をすること。
七  当選に関する答礼のため当選人の氏名又は政党その他の政治団体の名称を言い歩くこと。


お久しぶりです。山田まなです。上記、下線部より、以下のようにご挨拶させていただきます。

ブログを訪れてくださったみなさま、激励・叱咤のコメントやメールをくださったみなさま、そして、ずっとこれまで支えてくださったみなさま。
本当にありがとうございます。
悲しいとき、不安なとき、いつも勇気づけられました。

これからです。これから始まります。
みなさま、これからもどうぞご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


東北地方太平洋沖地震に関して。

名古屋市でできること、個々人でできることを早急に検討し、行動に移したいと考えています。

まず、個々人でできること。

「問合せ災害」・「ボランティア災害」・「支援物資災害」などの原因にならないために留意すべきことがあります。

http://www.bousai.go.jp/vol/


私の所属しているNPO団体のMLより、以下引用。

【今後のこと】
①余震についての報道は、既にご存じのとおりです。三日以内に震度7程度が来るとのこと。
既に被害があった場所は、もちろんのこと、被害が無かった地域(特に関東地区、東海地区)も、緊急時に備えておいた方が良いと思います。
緊急時の対応マニュアルや連絡網、食糧等物資の確保など、万全を期してください。

②仙台等現地に対する具体的支援も検討中ですが、当該団体にお尋ねしたところ、陸路、空路とも断絶状態。
入るルートがないとのことです。
物資の不足については、全国ネット事務局に連絡いただくようにしていますが、それを届けるルートの確保ができません。(それでともかく送金することにしました)


また、NVNADのブログより、【災害ボランティアについて】

被災地でのボランティア活動や、被災地への救援物資の送付について、お問い合わせを頂いております。

テレビを見てじっとしていられない、というお気持ちはよくわかります。募金にかくも多くの方々がご協力いただいており、市民の皆さんの今、何かを手助けをしたいという思いをひしひしと感じました。ただ、阪神大震災と比べても、今回の東北・関東大地震は、町全体が崩壊し、行政機能も失われるといった壊滅的な被害をもたらしています。

この状況のもとで、被災地にボランティアとして出かけることは避けなければなりません。大量のボランティアが入れば、その食事、宿泊場所、トイレなどの手配が必要になり、一刻を争って救助活動を行っている自衛隊、消防隊員、警察、地元関係者らの活動の障害にすらなるでしょう。

また、救援物資については、NVNも検討は始めていますが、受入先の状況が把握できていない段階では、時期尚早と判断しています。現時点では、急場をしのぐための物資を行政権力を使って大量に届ける時期です。その後、被災者の相当数は、一旦生活の場をどこかに緊急避難的に移して当面の生活をしていかなければなりません。そのときの多様なニーズに対しては、市民から市民の手助けが生きてきます。

阪神大震災のときと比べてネット社会が進展しており、ネットを使った物資支援も行われていくでしょう。しかし、心のケアや被災者のさまざまなニーズに対しては現地ないし避難地でのボランティア活動が不可欠です。その時期はもう少し待つ必要があります。

今は、長期に及ぶであろう物的支援のための後方体制づくりをする時期だと思います。それぞれの職場で、学校で、日本の経済や日々の生活を支えるための活動を着実にしながら、募金やボランティアの組織化や物資支援の準備など地元でできる活動を行っていきましょう。


http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/544/1945398#1945398

ただいま、町内のみなさまと個人・地域レベルでの体制づくりをしています。
現状では、現地ボランティアは二次災害を引き起こすとのこと。中長期支援に向けて、今できることをきちんと見極めていこうと思います。
まずは、募金・物資集め。(「献血も行くべき」との情報あり。)
そして災害ボランティア団体(現地ではない)にアクセスし、連携をはかる必要があります。
本日、減税日本の会合がありますので、その場で対策本部を設置することを発案します。

おそらく輸送手段や輸送費・現場の混乱等を考えると、個人で動くより組織化した団体で動く方がいいと思われます。

地域で、西区で、名古屋で協力者を募ります。

今しばらくコメントにお返事ができないことを、お許しください。
by yamadamana2011 | 2011-03-15 07:39 | 活動日記

減税日本ナゴヤ 西区 
by 山田まな
プロフィールを見る
画像一覧

連絡先

yamadamana2011★
gmail.com 
★→@

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな